カテゴリー
スキンケア

あの頃、日焼け対策を怠らなければシミはなかったのに…

お肌の曲がり角と言われる25歳くらい、社会人になって化粧もするようになった私は、ふと頬に大きめのシミができているのに気づきました。
「え?いつの間に…どうしてなの?!」

効果あり?透輝美の販売店での市販状況や私の口コミなどをご報告!

大学生の頃は、友人から「お肌すべすべだよね~、ケアは何をしてるの?」と尋ねられるくらい、肌のきめ細かさに自信のあった私。
当時のケアは、夜に石鹸での洗顔と化粧水、乳液くらいでした。
色白と言われる部類で、素肌がきれいだったので、ファンデーションも必要なく、ポイントメイクくらいで過ごしていました。
その頃は、毎日片道30分近く通学のために歩いていました。そう。真夏の日差しの強い日も、日傘をさすこともなく歩いていたのです。
20歳の頃から、さすがに化粧くらいしなくてはと、日焼け止めやファンデーションを塗る習慣ができましたが、18、19歳の頃は無防備な状態で肌を日差しにさらしていたのです。

日焼け止めをしていなかったことによる影響の大きさに気づいたのは、頬にシミが浮かび上がった後でした。
そこから慌てて、高級美白美容液などでシミのケアに努めましたが、あとの祭り。
頬のシミは、大きくなることはなくても、薄くなることもなく、しっかりと私の頬に刻み込まれたままです。
消すには、レーザー治療しかないようですが、怖くてまだ踏み出せていません。
あの肌のきれいさに自信のあった10代の頃、油断せずに日焼け対策をしていれば、この頬のシミはなかったのにと思うと、悔しくて仕方ありません。