カテゴリー
スキンケア

30代の肌の乾燥について

20代までは、肌が乾燥すると思っていてもなんとなくパックをすれば潤いが戻っていました。

なんなら、化粧を落とさずに寝ることもしばしば…

それが、30代を過ぎた途端に肌が乾燥するというのをひしひしと実感するようになりました。

シルクリスタの本音口コミ!

まず、化粧水の浸透具合が違う。

→今までは、すっと肌に入っていたのがなんだか顔の上・表面だけに化粧水が付いている感覚。

そして、すぐ乾く潤いが持続しない。

そしてその渇きを補いたいので上から乳液などをペタペタ塗るも寝るときにはもっちりというよりベタベタする感じ。

これがまさに乾燥しているということかと実感しました。

今までは夜のお手入れに力をいれていましたが、テレビで実際は朝の手入れがすごく大事。

化粧をする前の、保湿が一番大切。

日中が一番活動的で、太陽や埃やクーラーなどの風にあたるから一番肌を守らないといけない。

というのを見てすごく納得しました。

それから朝の化粧前に、パックをしてまずは水分をしっかり肌にいれたあと軽めの乳液で水分を補給し蓋をする。

それから日焼け止め、化粧下地を塗るようになり日中の乾燥を防げて夜も化粧水の乗りがよくなりました。

つい夜に手をかけ気味になりますが、朝の一手間が夜にも関係してくるというのを実感したので、これからは朝の時間帯も有意義に使いたいと思いました。