カテゴリー
スキンケア

アトピー性皮膚炎である事が大人になって分かったという事

何となく他の人たちと比較して肌が弱い気がするとは思っていましたがそれでも普通の生活を過ごす事ができていたのであまり気にしないで30年余りの人生を送っていました。

学生時代は野球に没頭し、夏はまるで虫のように真っ黒、冬はキンキンに冷えた空気に肌を触れさせる事が当たり前でしたが年々それらの行動によって肌に違和感を感じる様になってきた流れの中で2019年の夏に突然赤ら顔になり、自分の中での対処法を施してみても解決しない為、皮膚科に行く事にしました。

http://dataplatform.jp/

そこで診断されたのは「アトピー性皮膚炎」。

現在8歳の息子も既に同一の症状を抱えていましたが両親共に自覚がなかった分、誰に似たんだろうと思いつつ年々違和感を感じてところでもしかしたら、とは思っていましたがその予想は的中し、ステロイドを処方される事になりました。

使用すれば良くなるけどやめるとまた赤くなる、の繰り返しをしていく中で以下を解決策として現在は付き合っています。

1)保湿クリームの変更

元々は乾燥するとかゆくなる、というのを防ぎたいが為に安くても塗る事が出来れば

何でも良かったのを「ニベアメン」にしてから安定し、2年弱使っていますがそれから皮膚科に行く事はなくなりました。

(息子もこちらを使い、改善してます。)

2)食事の見直し

結婚してからも一人暮らしのクセが抜けず、安くても腹が膨れればという事でインスタント系や脂っこい弁当など炭水化物・脂質に偏った食事を特に昼はしていたのを野菜を含めカロリー計算をしつつバランスの良い内容を心掛ける様になったのが安定の手助けになっているのかな、と思ってます。

今後も付き合っていかないといけないし経験からある様に月日が進む事で体質の変化があるとは思いますが肌のトラブルは精神上不安定になり日々の充実度が下がってしまうので都度対処していきます。