カテゴリー
ダイエット

ズボラ断食ダイエット

断食といっても過酷な修行のように空腹にひたすら耐える断食ダイエットではありません。「ズボラ」と付くぐらいなのでかなりゆるい、無理のない断食です。この断食の目的は、空腹時間を作るということ。お腹をぐ〜と鳴らすことが目的です。お腹が空いていないのに次から次へと食べていると必然的にカロリーオーバーになること間違いなし。では、食べすぎない目安は?それは、お腹がぐ〜と鳴ることです。これが何かを食べていいという合図。

グラマラスパッツの口コミと効果をレポート!近所のお店では市販されている?

この合図は、最後の食事をして大体12時間後になり始めるのが私のいつもでした。12時間、言い換えると半日何も食べないなんて我慢できない!と思うかもしれませんが、さほど難しくはありません。ポイントは、朝食を食べないということです。

前日の夕食を12時までに食べたとして、翌日の昼食を昼の12時に食べる。たったこれだけで、12時間(半日)の断食ができているのです。これは、お勤めされているひとでも難しくない方法ではないでしょうか。夕食を深夜12時に食べるという、ちょっと乱れた食生活だったとしても、朝食を食べずにその日初めての食事を昼の12時にすれば空腹の時間を半日作ることはできます。そもそも深夜12時に夕食を食べる生活の場合、朝は少しでも長く寝たい、と思うのは私だけでしょうか。

朝食を食べるためにわざわざ早起きしたくありません。そんな人にはオススメのズボラ断食ダイエットです。

このズボラ断食を試してみた効果は、体重の劇的な変化はありませんでしたが、お腹がぐ〜となってから何かを食べるというサイクルが私には合っているみたいで、眠気や体のだるさは改善されました。だらだらと長時間、何かをつまみ食いする、という習慣も解消されました。食生活の乱れを整える、ダイエットの第一歩には最適なズボラ断食です。